形成外科での看護師の業務内容とは

形成外科で看護師の業務内容となるのは、骨折や捻挫などの治療補助などとなり、定期的に通院が必要な疾患の場合には、その疾患にあわせて治療をする時、補助を行っていく事が役割となります。リハビリや薬物投与を手伝ったりするなども業務内容に含まれており、看護師として行う治療法は様々な物を任されます。形成外科での勤務をする場合、外傷的な疾患を診る事となるケースが多いので、年齢的な物は関係なく、子供から大人までが受診をするので、年齢問わず治療対象になるといった特徴があります。

知識や技術なども求められますし、身体的に不自由な患者さんのメンタル的なケアも大切な業務内容です。手術が必要な患者さんへは、手術についての説明を行ったり、その家族へ手術の説明を行う事もあります。患者指導を看護師が行う場合もあり、看護方針についても正しく患者に伝える事が必要とされるので、適切に物事を判断し、説明して伝える事なども必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ