皮膚科で働く看護師の業務内容について

皮膚科での看護師の業務内容は、概ね医師のサポートです。患者をスムーズに診察室へ誘導し、医師と患者がしっかりコミュニケーションできるような場を作ります。また、診察終了後には、医師から的確な指示に段取り良く対処します。薬の準備するための資料作成、場合によっては自ら薬を準備する病院もあります。看護師にとってこういった事務的な業務も十分大切ではありますが、本質的に最も大切な業務は、看護師こそ患者とのコミュニケーションをとることです。

患者は、病気に対して不安を持っています。本当に治るのだろうかと心配に思いながら病院に足を運びます。医師との会話で、不安は軽減されるとは思いますが、別の角度から患者に不安を払しょくする会話をかけてあげることで、今後の治療に大きなエネルギーを持たせてくれます。 医師の一番近くて数多くの患者を見てきている看護師は、患者に対して的確な言葉をかけてあげることができます。看護師は、病気に立ち向かう勇気を患者に与えらえることができます。やりがいのある仕事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ