ICUの看護師業務内容

ICUは緊急的、または重症な患者を治療する科なので看護師も専門知識を必要とされています。まず、ICUの看護師の業務内容に手術を行う医師の補助があります。心電図などのさまざな器械が正常に動作しているかを確認したり、排液や尿、輸血量などに異常がないかを注意することが大切な役割になります。その他には、患者や家族の精神的なケアがあります。集中治療室と言った特殊な空間や自分の置かれた状況に不安を覚えるため精神的なストレスを感じるからです。

そういった時に、一番近くにいる看護師が声をかけたり、手を握ったりという些細なことでストレスを減らすことが出来ます。そのため、ICUでは大切な業務内容と言えます。また、家族はなかなか入室出来ないため患者の状態が分からないという不安があります。そのため、患者の様態などを説明することも大切な仕事になります。このように、常に危険な状態の患者が多いため、急変時のスピーディーな対応なども求めらるため専門的な知識と高度な知識を必要とされる業務内容になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ